相談業務(メール・訪問・来訪)

【マンション管理士とは】(ウィキペディア参照)

マンション管理士は、専門知識をもってマンション管理組合の運営大規模修繕等を含む建物構造上の技術的問題、その他マンションの維持・管理に関して、管理組合の管理者等又はマンションの区分所有者などの相談に応じ、適切な助言指導援助等のコンサルティング業務を行う。マンション管理のスペシャリストとして、主に管理組合の立場でマンション管理に関する様々な問題の解決をサポートする。

【相談業務案内】

メールによる無料相談と、訪問来訪による有料相談を行っています。当事務所では、マンション管理全般建築全般に関わるご相談を承っております。管理組合・理事会でのお悩みや、大規模修繕工事長期修繕計画管理規約管理組合法人化合意形成でのお悩み等をご相談ください。

【相談によるメリット】
  • マンション管理士一級建築士の両資格をもつマンション管理士から適切な回答が得られ、マンションに関わる問題の解決のヒントが得られるのではないでしょうか。
  • マンション問題に詳しい顧問弁護士をはじめとする専門家ネットワークがありますので、当事務所で回答できない問題は、他の専門家のご紹介も行います。
  • メール・訪問・来訪による相談業務には、契約関係が一切なくお客様の意思で一回限りの相談もOkです。
  • メールによる相談は無料です。訪問・来訪による面談による有料相談は料金のページを参照してください。
  • マンション管理士は、法律で守秘義務と倫理規定が課せられていますので、相談内容を外部に漏らすことはございません。
  • 相談後、突然電話を掛けたり、訪問する等の行為はしませんので安心してご相談ください。
【ご相談事例】
  • マンション管理士は、よく聞くがどのような業務をしてもらえるのか、入っていただいた際のメリットはあるのか、金額はいくらくらいかかるのか?
  • まずは、話を聞きたい
  • ささいなことですが、心配や不安があるので一度、意見を聞きたい。
  • 今期、理事長になりましたが、何をして良いのかわかりません。また、毎回の理事会で管理会社から資料の提出がありますが、内容が理解できないにも関わらず賛成するしかなく、専門家に事前に確認をしていただく等、事前のチェック機能となってもらいたい。
  • 今期、大規模修繕工事を行うスケジュールとなっているが、何をして良いのか不安です。設計会社・工事会社の談合等の話しも最近多いので、専門家に入っていただいて調整を行ってもらいたい。
  • 管理組合の運営に不信があるので、相談をしたい。また、一度調査をお願いしたい。
  • マンションの雨漏れ、水漏れ等、建物について相談したい。